painting/acrylic gouache

遠い国の大きな河
遠い国の大きな河
心の中の馬
心の中の馬

人それぞれの中に、それぞれの馬がいる。 いまでは馬とかかわる事が、ほとんどなくなっているにもかかわらず。 僕の中にも僕が想う馬がいる。 人と馬が深いかかわりをもってともに過ごして来た長い歴史。 その記憶が遺伝子に刻まれているのかもしれない。

異国の鳩
異国の鳩
誰かの、どこかにある窓
誰かの、どこかにある窓
月夜のくうき
月夜のくうき
樹の上の精霊
樹の上の精霊

樹の最も上を見上げると 音はまったく聞こえないのだけれど、 梢がゆったりとゆれながら、ザワザワと葉ずれの音を鳴らしている様子が伺える。 風が集まる気持ち良さそうな場所だ。 人が踏み入る事がない、その様な特別な場所には、 何かの精霊が宿っていてもおかしくはない。

部屋の片隅
部屋の片隅
樹と鳥
樹と鳥
10月の朝
10月の朝
朝の光
朝の光
夕暮れの広場で
夕暮れの広場で
薄暮れの青い空気
薄暮れの青い空気
よるのとびら
よるのとびら
人影と雲
人影と雲
雪の日
雪の日