心の中の馬

人それぞれの中に、それぞれの馬がいる。 いまでは馬とかかわる事が、ほとんどなくなっているにもかかわらず。 僕の中にも僕が想う馬がいる。 人と馬が深いかかわりをもってともに過ごして来た長い歴史。 その記憶が遺伝子に刻まれているのかもしれない。